HOME >  症状で異なる不妊治療法 >  その他の不妊治療の種類

その他の不妊治療の種類

ここでは、不妊治療の種類の一つである、ホルモン療法と漢方療法について説明しています。

妊娠しやすい体にするホルモン療法

性周期に合わせてホルモン剤を投与し、妊娠しやすくするのが目的の治療です。排卵誘発剤もホルモン剤の一種です。

女性はホルモンの分泌が良くなると、肺胞が成熟しやすくなります。そして体内で卵子を育てやすくなります。男性は精液中の精子濃度が上がり、性向による妊娠率が上がります。

ただ、ホルモン療法の中には副作用があるものもあり、健康に配慮しつつ続けることが大切です。黄体ホルモン剤は、効果が高いぶん、副作用も大きいとされます。

原因不明の不妊に効果のある漢方療法

「機能不全妊娠」などは原因不明の不妊に分類されます。

西洋医学では原因を調べて、それに直接働く治療を行うというスタンスをとります。このため、調べても原因がわからない機能不全妊娠には対応しにくいです。そこで漢方による不妊治療が効果を発揮するとされます。

漢方による不妊治療では、性周期に合わせて漢方薬を替え、体調を整えます。東洋のホルモン治療ともいえます。漢方による不妊治療は副作用が少ないぶん、治療が長期間に及ぶのが特徴です。漢方での不妊治療を考えるなら、気長に臨むようにしましょう。

漢方による不妊治療は、単体で行うより、西洋医学の治療と併用して行われるのが一般的です。たとえば排卵誘発剤やタイミング指導を受けながら漢方治療を行う、というやり方です。

現在、漢方による医療用の不妊製剤は保険対象内なので、以前に比べて受けやすい環境にあります。