HOME >  病院で行なわれる不妊の検査と診断 >  検査でわかる不妊の原因

検査でわかる不妊の原因

不妊の検査には、「一般不妊検査」と「特殊不妊検査」の2種類があります。特殊不妊検査は、さらに詳しい検査が必要と判断された場合に必要です。

また、不妊の原因の約半分は男性にあるため、夫婦揃って検査を受けるのが大切です。

原因の明らかな女性不妊

卵管通過障害(女性不妊の原因の約30%)
精子と卵子の通り道である卵管は、一番細い部分で1ミリぐらいしかありません。炎症や感染症などで道はさらに狭くなり、閉じてしまうことがあります。その結果、精子や卵子の通り道が塞がれ、妊娠は困難になります。

排卵障害(女性不妊の約10%)
卵子が育たない・育っているのにうまく排出できない・排卵しない・排卵前に黄体化してしまう、など、卵巣機能に問題があるケースです。基礎体温や超音波検査などで診断され、乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)などのホルモン量検査や、子宮内膜組織の検査が行われます。

子宮内腔異常(女性不妊の約2~3%)
子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮奇形・子宮内膜ポリープなどがあります。もっとも多い子宮筋腫は、筋腫由来の良性腫瘍で、30~40代の女性の数人に一人は持っているとされています。しかし、その原因はハッキリ分かっていません。粘膜下筋腫・筋層内筋腫・漿膜下筋種の3タイプがあります。

その他(女性不妊の約7%)
頸管粘液分泌不全・免疫性不妊・子宮内膜症などがあります。

原因が明らかでない女性不妊

機能性不妊(女性不妊の約50%)
基本的な一般不妊検査の後、さらに詳しく調べる必要がある場合は特殊不妊検査がおこなわれます。

特殊不妊検査を実施しても、不妊の原因が診断できない場合が多く、その割合はおよそ5割をも占めます。この原因が明らかでない不妊は、「機能性不妊」と呼ばれます。機能性不妊の多くは、「加齢」が関係します。

男性不妊について

ストレス社会、環境汚染などの影響のためか、男性不妊が増加しています。

不妊の4~5割は、男性側に問題があると報告されているため、精液の検査は大切です。精子の数の減少、運動率の低下、精子の奇形などの精子無力症が男性不妊のほとんどを占めています。

また、ED(勃起障害)や射精障害なども男性不妊にあたります。