HOME >  妊娠しやすい母体づくり >  冷え性改善で妊娠スタンバイ

冷え性改善で妊娠スタンバイ

いま、冷え性に悩んでいる女性がとても多いようです。
夏でも手足や腰が冷え、トイレが近くなったり、またお腹が痛くなるなど、冷えているとハッキリわかる症状がみられる方もいます。
他にも、疲れやだるさ、むくみとなって現れる場合もあります。これは、冷えで血流が低下し、老廃物が溜まってしまうことで起こる現象です。

血の巡りが悪いままにしておくと、体の細胞が元気をなくしてしまい、正常な働きを妨げてしまいます。女性の体は、熱をつくりだす筋肉が男性より少ないので、冷えを起こしやすく、特に下半身は上半身より冷えやすいので、大事な子宮や卵巣へ影響を与えます。妊娠する力を衰えさせないよう、気づいたら早めに対策をしておいた方が良さそうです。

なぜ冷えは起こるの?

わたしたちの生活は、衣食住すべてにおいて、より冷えを起こしやすい環境になりつつあるようです。
夏は冷房にあたる機会が多く、冬は暖房と生活が快適になった分、衣服にもオシャレを楽しめることから、季節を問わず露出の多いファッションで過ごしていると、本来持っている体の機能が狂い、冷えの症状を引き起こします。

他にも、食習慣が原因になることもあります。小さい頃から、コーラなどの清涼飲料水や、キンキンに冷やしたものばかり飲んでいると、男性でさえ、やがて冷えの症状があらわれてしまいます。

体を温める方法いろいろ

冷えを改善するためには、とにかくまず、体を温めることが肝心。体を冷やさないこと、体の内側から温める食べ物を摂ることなどを日常的に心がけましょう。
それに、入浴もたいへん効果があります。暑い時期はシャワーで済ませることが多くなってしまいますが、できるだけ湯船に浸かり、血行を良くしておくと、多少の冷房でも手足が冷えなくなります。

ここ数年のヒット商品をみると、冷え改善、または冷え防止の機能を備えたものが多いことがわかります。

  • かさばらず、持ち歩きやすい保温ストール
  • 保温効果の高い繊維を使ったインナー
  • 女性用腹巻
  • 生姜スープ、唐辛子スープ

特に衣料品は、年々高機能になっていますから、予算と相談しつつ、上手に取り入れたいものです。

なお、冷え対策を万全にしているのに症状が改善されない方は、貧血で体内に鉄分が不足していることも考えられます。この場合、精密な検査が受けられる病院を受診してみると良いでしょう。