HOME >  妊娠しやすい母体づくり >  食事内容を見直してみる

食事内容を見直してみる

子供を望む夫婦であれば、食事に気を遣って体に十分な栄養を与え、健康を保つことは基本中の基本。でも、本人は気を遣っているつもりでも、栄養の偏りや、間違った知識で栄養不足を起こしている場合が少なくないようです。
そこで、自分の食生活を客観的に確認するため、レコーディング方式のを試してみることをおすすめします。2週間分程度で構いませんので、食事内容や時間を書き出してみましょう。

母体に良くない食事とは

食事内容に、以下のような傾向があったら要注意です。

  • インスタント食品を週に何度も利用している
  • コンビニのお弁当や惣菜をよく利用する
  • ハンバーガーショップやコーヒーチェーン店のランチが多い
  • 外食が多い

インスタント食品やファストフードは、ほとんどが炭水化物の量が多く、脂質もたっぷりで、見た目のボリュームよりも高カロリー。そしてタンパク質やビタミン類は圧倒的に不足しています。

自主的に野菜をたくさん食べられるメニューを意識したり、あるいはサラダや野菜ジュースなどのサイドメニューをつけることを取り入れたりしても、アンバランスな食事だという点は否めません。
たまに食べる程度なら構いませんが、週に何度も利用している場合は、注意が必要です。

また、コンビニ食品やファミレスなどのチェーン展開しているレストランでは、簡単な栄養含有量がわかるようになってきましたが、ここでも大事なのは、ビタミンやタンパク質の量。
単品ではなく組み合わせること、また、時にはご飯やパンなどを残す必要があります。

このように考えると、必要な栄養を摂るのはとても難しいような印象がありますが、一日ごとに厳密に考えるのではなく、1週間ほどの間に、総合的なバランスが取れていれば、まず問題はありません。

理想的なのは、やはり、新鮮な野菜や肉類を買い求め、食事を手作りすることが一番です。忙しい共働きの方にとっては難しいかもしれませんが、負担の少ない簡単な調理法にするとか、時間に余裕がある時には、日持ちのよい常備菜を作ってみるなど、出来る範囲で、少しずつ改善して行けばよいのです。

余談ですが、私は最近、タンパク質補給のために、納豆を1日で1~2個、食べるようにしています。わずかなことですが、外食が続いても、あまり疲れないようになりました。もしお嫌いでなければ、いかがですか?

また、とくに摂りたい栄養素は「葉酸」です。でも普段の食生活からではなかなか充分に摂れない成分なので、「葉酸」についてはサプリメントがおすすめです。

妊活中の葉酸については『妊活中の方必見!今すぐ摂りたい葉酸サプリガイド』に詳しく掲載されていますので、ぜひ見てみてください。